身体テンポと脳みそテンポ

音楽を演奏するときに、僕の場合は自分のバンドの演奏なんだけど、

テンポが本当に大事だなぁと思うんですよね。

ライブのときってテンション上がってるから、テンポもあがったりして、速くなって速くなって、

リハーサルの時は、リラックスしてたり寝不足だったりして、体調によってだけど、ほぼテンポが下がったり、もったりまったりして、

ホントにややこしいんだよな。

身体のテンポ。脳みそのテンポみたいな。

だから、

何年か前から、リハーサルでメトロノームを聞いたりして、テンポにもっともっと執着するようにしてて、

いつも同じテンポなのに、速く感じたり遅く感じたり、ホントにややこしい。

身体テンポ、脳みそテンポ。

ホントにどーなってんだ!って感じ。

僕らの場合、国吉の身体テンポと僕の身体テンポ、国吉の脳みそテンポと僕の脳みそテンポが違うと、物凄くお互いやりにくくて、イライラしちゃう。

で、言い合いや喧嘩に発展する。

どうにかしよーと、とにかく一人でめっちゃメトロノーム練習をしてみて、打開策を見つけて、より良いグルーヴを叩き出したいと思ってて、で、音源とか聞きまくって、リハーサルして、色々と試して、また、音源聞いて、リハーサルして、メトロノーム聞いて、メトロノーム聞かないで、とかめっちゃ練習して、

国吉がどー感じてるとか考えまくって、練習して、スタジオ入って、リハーサルして、

とうとう、見つけたんだよね。

国吉と僕の、身体テンポと脳みそテンポの合わせ方。

それをラインで国吉に伝えて、とうとうライブを迎えて、

5/30の浅草でのライブでどーなるか、楽しみだったんだけど、

ほぼ完璧だった。

お互いの身体テンポと脳みそテンポがほぼ一致してたから、感じ方も捉え方もほぼ同じ。

最後にやった「こんなに大きくなりました」なんて、同じ揺れ方、同じ間合い、同じ強弱で、最後の最後まで行ってて、こりゃすげーと思いました。

これを続けることが大切なので、ここからが大事。

頑張ろ。

この打開策はバンドのメンバー以外には内緒にしよーっと。

いやー、次のリハーサルや本番が楽しみだー。

浅草ライブの時に写真を撮ったスカイツリー。

でかい!!

僕の家から10分歩いたところから、見えるんだよね。スカイツリー。

遠くからでも見えるように、僕らもでっかくなりたいなー。

頑張ります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です