感動した。石井さんのピアノ。

今日はクラシックのコンサートへ。

ピアノとソプラノ歌手。

ピアノは1906年製の、ハンブルグ・スタインウェイ

かなり、貴重なものらしく音にも期待してました。

よく分からなかったけど、凄い深い音色でビックリした。

いつもなら、このピアノで国吉の歌とピアノでライブをしたいと、思うところだけど、これは無理だなーと普通に思った。

そのくらい、大先輩感や大御所感があり過ぎて、ビビった。

ローズウッドの木が綺麗過ぎてビビった。

僕のドラムはアメリカのメイプル。

これも、本当に大好き。

木が、好きなのである。

驚いたのは他にも、ソプラノ歌手の方の声に驚いた。

半端ない。

ライブでグッとくる感じとはまた違う驚き。

世界で、活躍する人とは、こうも違うのかと思った。

普段のライブの対バンの歌と全く違う。

音程を外さないとか、そういうのもやっぱり大事だし、声量とかそういうのも大事なんだろうけど、

あからさまに違った。

面白かった。

そして、一番度肝を抜かれたのは、ピアノソロの石井さん。

出てきて、弾き出した途端に前のめりになって、聞いてしまった。感動した。

何か持ってる気がする。

とても素晴らしくて感動した。

本当に凄かった。

ふらっと一人でクラシックコンサート。

いい!!

また、行こう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です