2.4 kyoto nijyou

2/4は、京都nano

朝の用事を済ませて、急いで羽田へ。
佐藤学と星直旗とスタッフ鈴木と5人で。
佐藤が成田へ行っていた。でも、ギリ間に合った。
搭乗が始まってそろそろ乗るかってタイミングでダッシュの佐藤が来ました。すみませんでしたーー!!って何度も叫びながら。かわいい!!間に合わないことはないだろう、と何の不安もなかった。多分、全員がそうであったであろう。空気感がいい。全員の。

京都nano 出演は2回目。1回目はいつだろう。
かなり前。その時に、マスターのもぐらさんにまた来ます!と言ったのに全く行っていないことがずっと気になっていた。
ただの嘘つきだから。真剣に行くと言って、行ってないから嘘つき。
でも、京都nanoに着いて、もぐらさんに挨拶したら、オォーー西川くんーーー!!と言ってくれた。感動して泣きそうだった。嬉しかった。

サーキット型式だったから、リハなし。本番前にセッティングとサウンドチェック。ドラムを大きい音で叩いて、外音に支障が出たら嫌だから、紙に書いた。
ドラムでかかったら遠慮なく言って下さい。小さく叩きます。って。
サウンドチェックの後半にもぐらさんに、
音でかいっすか?小さくしますか?って聞いた。
そしたら、
2人にはそんなことさせたくない!!って言って下さった。
愛情と男気。情熱と真摯。惚れました。感動。
僕よりも僕等をわかって流。

本番も思い切りやれました。
そして、こういう場所に佐藤と星と一緒に来れて良かった。

ステレオタイプたくちゃん、共演の皆さん、nanoのスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。
みんなで、宿泊地、大阪 江坂に向かいました。
最終電車に間に合った。何気に危なかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です